旭川市で冷蔵庫の処分方法

旭川市で冷蔵庫の処分方法のあれこれ

このページでは旭川市で処分に困りがちな冷蔵庫の色々な処分方法をご紹介します。

  1. 冷蔵庫を購入時に販売店に引き取りをしてもらう方法
  2. 家電販売店に引取りをしてもらう方法
  3. 家電リサイクル券を購入して、指定引取り場所自分で持ち込む方法
  4. 市(クリーンセンター)に処理を依頼する
  5. 旭川市の指定の許可業者に処理を依頼する
  6. リサイクルショップで買取方法
  7. 便利屋、片付け代行業者へ依頼方法

旭川市にお住まいの方で冷蔵の処分を検討の際は以上が主な処分方法になります。

冷蔵庫の処分に役立つ7つの方法をご紹介していきたいと思います。

はじめに家電リサイクルについて

エアコン、テレビ、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機は家電リサイクル法対象製品となります。

廃棄物を減量するとともに、資源の有効利用を推進するための法律で、適切なリサイクルが義務付けられている製品となるので通常のごみとして処分する事が出来ません。

家電リサイクルが始まってから数年経ちますが、手続きや対応方法が分かりにくいため、イマイチ浸透していない現状があります。

家電リサイクルのホームページ

経済産業省で公開している家電リサイクルに関するホームページになります。

サッと目を通しておくことで家電リサイクルの概要が分かると思います。

家電4品目の「正しい処分」早わかり!|家電リサイクル法(特定家庭用機器再商品化法)|経済産業省 (meti.go.jp)

冷蔵庫の家電リサイクルの費用

基本的な冷蔵庫の家電リサイクル料金は「家電リサイクル料金」+「収集・運搬料金」の合計額となります。

家電リサイクル料金は主要メーカーはほぼ同額ですが、マイナーなメーカーの冷蔵庫などは金額が高い場合もあります。

運搬費用は決まっている金額はなく、各業者により金額が設定されていますので、依頼する業者などにより異なります。

主要メーカーの家電リサイクル料金

冷蔵庫のサイズ 家電リサイクル料金(税込み)
170リットル以下(小) 3,740円
170リットル以上(大) 4,730円

国内主要メーカーの家電リサイクル料金になります。

詳しくは家電リサイクル券センター、家電量販店にて金額をご確認願います。

一般財団法人 家電製品協会 家電リサイクル券センター

家電リサイクルの流れを調べたり、料金検索や家電リサイクル指定引取り場所の検索など、自分で家電リサイクル対象製品の処分を行う時に役立つ内容が調べられるページとなっています。

RKC 一般財団法人 家電製品協会 家電リサイクル券センター (aeha.or.jp)

冷蔵庫の買い替え時に販売店に冷蔵庫を処分してもらう

家電量販店で冷蔵庫を購入時に古い冷蔵庫の家電リサイクルの申し込みを行うと、配達時に古い冷蔵庫を引き取ってもらえ処分する事が出来ます。

訪問して古い冷蔵庫を引き取りしてもらえるので持ち込む事が出来ない方には最適な方法となります。

購入時のタイミングでしか処分を受け付けてもらえないお店もありますので、冷蔵庫を購入する際は処分の申し込みも併せて行うのをお勧めします。

「家電リサイクル料金」や「収集運搬料金」の支払いはお店ごとに異なり、受付時に支払いを必要とするお店、引き取り時に支払いをするお店がありますので確認が必要となります。

エリアや階段作業、階数、特殊作業など状況により別途費用が必要となる場合がありますので店舗での確認が必要となります。

主要メーカー冷蔵庫(小)170リットル以下の処分料

冷蔵庫のサイズ 家電リサイクル料金(税込み) 収集運搬料(税込み) 合計金額
ケーズデンキ 3,740円 1,650円 5,390円
エディオン 1,100円(同一商品の場合) 4,840円
ヤマダ電機 1,650円 5,390円

主要メーカー冷蔵庫(大)170リットル以上の処分料

冷蔵庫のサイズ 家電リサイクル料金(税込み) 収集運搬料(税込み) 合計金額
ケーズデンキ 4,730円 1,650円 6,380円
エディオン 1,650円(同一商品、251L以上) 6,380円
ヤマダ電機 1,650円 6,380円

※調査時の価格となりますので、価格の変更等がある場合があります。

条件等により価格が変動しますので詳しくは該当店舗、ホームページ等でご確認願います。

家電リサイクル受け付けている販売店

家電リサイクル - CSR | ケーズデンキ - (ksdenki.co.jp)

家電リサイクル|エディオンのサービス| (edion.jp)

家電リサイクル回収のお申込について | ヤマダウェブコム (yamada-denkiweb.com)

旭川市の家電販売店に冷蔵庫を処分してもらう

家電販売店では購入者以外からの家電リサイクルの引き取りのサービスも行っていますので、家電販売店に冷蔵庫の処分をお願いする事で冷蔵庫の処分が可能となります。

持ち込みでの冷蔵庫の処分の他に、自宅まで引き取りに来てもらう収集も行っている家電販売店もあります。

持ち込み、訪問での回収、どちらも行っているので車が無い方や持ち込むことが出来ない方にも最適な方法で冷蔵庫の処分を行う事が出来ます。

店舗へ持ち込みの場合

「家電リサイクル料金」+「収集運搬料金」

店舗へ持ち込みを行う場合には「家電リサイクル料金」+「収集運搬料金」の合計額で家電リサイクルを引き受けてもらえます。

訪問回収の場合

「家電リサイクル料金」+「収集運搬料金」+「出張料」

自宅へ引取りに来てもらう方法になります。

車が無く持ち込めない場合など、冷蔵庫の処分に困ったときはぜひ利用したいサービスです。

持ち込む場合と比較して別途訪問費用として「出張料」が追加される事となります。

また階段作業や特殊作業が必要な場合には、さらに別途追加費用が必要となる場合がありますので、申し込む際に確認をしておきましょう。

持ち込み、訪問回収を受け付けている家電販売店

旭川市で冷蔵庫の処分でお困りの際に役立つサービスを行っている家電販売店のホームページになります。

料金の確認、お近くの店舗の検索など確認しましょう。

家電リサイクル - CSR | ケーズデンキ - (ksdenki.co.jp)

家電リサイクル|エディオンのサービス| (edion.jp)

家電リサイクル回収のお申込について | ヤマダウェブコム (yamada-denkiweb.com)

家電リサイクル指定引取場所へ自分で持ち込む

旭川市で不要となった冷蔵庫を自分で家電リサイクル指定引取場所へ持ち込み処分する方法となります。

家電リサイクル指定引取場所とは対象の家電リサイクル製品が集められている場所になります。

手間がかかりますが車を持っていて持ち込むことが出来る場合には、一番費用が掛からず安い方法になります。

「家電リサイクル料金」+「郵便局手数料313円(調査時)」が必要となります。

1.郵便局で家電リサイクル券を購入

記入方法などは郵便局にある冊子、もしくは家電リサイクル券センターのホームページをご確認願います。

お支払いは「家電リサイクル料金」+「郵便局手数料」となります。

2.指定引取場所へ持ち込む

家電リサイクル対象製品の引取を行っている場所へ、支払い済みの家電リサイクル券と処分する冷蔵庫を持って行きます。

受付を済ませて問題が無ければ控えを貰えますので、控えを貰ったら終わりとなります。

家電リサイクル指定引取り場所

指定引取場所 (株)鈴木商会 道北支店旭川事業所
住所 旭川市永山北4条6丁目1番3号
電話番号 0166-47-0000
指定引取場所 札幌通運(株) 旭川支店ー
住所 旭川市永山北1条7-38
電話番号 0166-48-2101

下記リンクから旭川市近郊の指定引取り場所の検索が出来ます。

指定引取場所のご案内 (e-map.ne.jp)

旭川市のクリーンセンターに処理を依頼する

旭川市ではクリーンセンターに申し込みをすると処分してもらう事が出来ます。

市で行っているので安心感があります。

1.クリーンセンター(電話番号 0166-36-2176)に申込む

2.収集日と処理手続き等を確認します。

3.郵便局に家電リサイクル券に必要事項を記入し、リサイクル料金を支払い、大手スーパー等で収集・運搬手数料シール(2,800円)を購入します。

4.処理費用は、「リサイクル料金」+「収集運搬料金(2,800円)」=合計した金額が必要です。

市指定の許可業者へ処理を依頼する

旭川市では一般廃棄物収集業者の清掃事業協同組合に申し込むことで冷蔵庫の処分をしてもらう事が出来ます。

引取りに来てもらえるので持ち込むことが出来ない場合には最適な方法です。

収集してもらうまでに日数が必要となりますので、申し込みは早めに行うようにしましょう。

清掃事業協同組合

電話番号:0166-36-8003

収集日、処理手続き、運搬料金等の確認をしてください。

処理費用は「家電リサイクル料金」+「収集運搬料金」を合計した金額となります。

家電リサイクル法対象品目を処分する時は | 旭川市 (city.asahikawa.hokkaido.jp)

旭川市のリサイクルショップで買取

旭川市のリサイクルショップに不要な冷蔵庫を買取してもらうと言う方法になります。

お店の基準にもよりますので一概には言えませんが、リサイクルショップに冷蔵庫の買取を検討する場合には小型の一人暮らし用の冷蔵庫などは概ね5年以内、サイズの大きいハイグレードな冷蔵庫で7年以内の物が主に買取の対象となるのではと思います。

無事に買取してもらえることになると、お金を貰え、冷蔵庫の運び出しなど大変な作業もリサイクルショップ側でやって貰えますのでお勧めです。

古くなってしまうと買取を断られることになるかと思います。

リサイクルショップでも冷蔵庫の処分を行っている場合もありますので買取とまとめて行いたい場合には、リサイクルショップに相談してみるのも良いと思います。

リサイクルショップに冷蔵庫の処分を依頼する場合には独自の金額設定されている場合が多いので、処分の金額は必ず確認するようにしましょう。

金額によるトラブルをよく耳にしますので、あとから揉める事のないように!

Googleなど検索サイトで、「旭川市+リサイクルショップ」などで検索して、お気に入りのお店を探してみましょう。

Google マップなどで検索をして利用者の口コミを見て参考にするのも良いと思います。

旭川市の便利屋、不用品片付け代行業に依頼

 

お引越しや遺品整理などで不用品の片付けなど、お部屋丸ごと片付けなどの場合には片付け代行業者への依頼でまとめて整理してもらう方が手間が少ないです。

ただ業者独自の処分金額が設定されている事が多いので、業者ごとに異なりますので冷蔵庫の処分料を確認したうえでご依頼ください。

「旭川市+不用品回収」などでGoogleなどで検索を行いますと全国展開しているような業者から地元の業者まで様々な業者を見つける事が出来ると思います。

Google マップなどで検索をして利用者の口コミを見て参考にするのも良いと思います。

旭川市で冷蔵庫を処分でした

旭川市で冷蔵庫の処分をする色々な方法をご案内させていただきました。

家電リサイクルがイマイチ浸透しておらず、冷蔵庫の処分に困っている方をよく見かけます。

まだまだ簡単に処分できる環境が整っていないと思います。

今回ご紹介した方法は一般的な方法になりますが、ご自身に合った不用品の処分方法を見つけて貰えたらと思います。

少しでもお役に立てていただけたらと思います。